抗酸化作用や美白効果も|深く刻まれたしわは化粧品で解消しよう|肌年齢の上昇をブロック

深く刻まれたしわは化粧品で解消しよう|肌年齢の上昇をブロック

女性

抗酸化作用や美白効果も

ウーマン

必要ならパッチテストを

安定性の悪いビタミンcを誘導体化させることで、化粧水にも配合できるようになったのがビタミンc誘導体です。しかしビタミンc誘導体はあくまでビタミンcと同じ性質を持つため、取り扱いには注意したい点もあります。特に気をつけたいのが、ビタミンc誘導体の配合された化粧水は刺激があるという点です。ビタミンcは皮脂の分泌量を調整する働きを持ちます。そのため乾燥肌の人がビタミンc誘導体配合の化粧水を使うと、いつも以上に皮脂の分泌が抑制されて、より肌が乾燥しやすくなる恐れがあります。そのため乾燥肌や敏感肌の人は肌に悪影響がないか、パッチテストを場合によっては行った方が無難です。またビタミンc誘導体の組成が安定しているといっても、化粧水自体は一般的な基礎化粧品と同じ性質です。そのため紫外線や高温環境などは避けて保存するように注意をします。

組成が安定している

体の中で酵素反応によってビタミンcに変化する特徴を持つのが、ビタミンc誘導体です。ビタミンcは元々非常に脆く、分子構造が壊れやすいのがデメリットです。しかし誘導体化されたビタミンcは組成が安定化するため、壊れにくく化粧品に配合しても変質しにくくなります。この特徴を生かして、化粧水にもビタミンc誘導体はよく含まれています。化粧水に含まれるビタミンc誘導体には水溶性と油溶性、それに加えて水溶性と油溶性の両方の特徴を持つタイプが存在します。一番最後のタイプはAPPSとも呼ばれ、浸透性や刺激の少なさから特に化粧水では人気の成分です。先述のように体内でビタミンcに変わるため、活性酸素の活動を封じる抗酸化作用や美白作用などのビタミンcと同様の効果が、ビタミンc誘導体にもあります。